スポンサードリンク

スコアラーへの道(メガブラックレーベル)

メガブラックレーベルでは、フィーバー状態になるには+値を100000まで上昇させなければなりません。
いかに早く達成させるかがスコアアップの鍵になるのですが、そのためには

  • 効率のよい発動ポイントを知る
  • リチャのポイントを確立させる

という2点が重要です。
また、フィーバー達成後では

  • キャラオーバーを知る
  • アイテムを放出させるのに効率のよい属性を知る

など、パターンというより知識の面が重要になります。
以下、コース選択や敵のアイテム放出数にも軽く触れながら解説していきます。

もくじ


予選でのコース選択について

デススマイルズの特徴と言えば自分の実力と相談してコースやレベルを選べられることですが、この項ではどのようなルートを辿ると点数効率がよくなるかを考えます。
予選全体での点数効率は、恐らく火山>森>湖畔>墓>沼>>>港(フィーバー状態、カウンタ1000スタート、レベル3において)の順だと思われますが、もちろんこの通りに選択することは出来ません。
また、大きくカウンタを回せるステージで稼ぐかorフィーバーに向け+値を上げるか、悩みどころでもあります。

一幕では港・森・湖畔から選ぶことになるのですが、森と湖畔はどちらも0からのスタートであってもかなり+値を上げることが出来ます(20000~25000くらい)。得意な方から始めましょう。
反面、港は全く稼げません。道中でカウンタが1000になることはなるのですが、パワーアップしてもボス戦で+値が0になること請け合いです。一章一幕に持ってくる場合は、二幕を1000で始められるだけだと割り切ってください。
二幕は墓・沼・火山から選ぶのですが、この中では火山が飛び抜けて稼ぐことが出来ます。パターン次第では+値を50000以上も上げることが出来るのですが、ここはフィーバー状態で来る方が簡単なステージでもあります。後に取っておきましょう。
となると墓or沼なのですが、墓が基本的に撃ち込みで稼ぐステージなので、先に墓を選ぶ方が効率が良くなります。

筆者のオススメのルートは、森→墓→湖畔→沼→港→火山です。
最後の火山が若干難しいですが、ボス前の火柱からの弾数が倍近くになるので、そこでパワーアップする人にオススメ。
レベル999を選ぶ実力があるのなら、沼と火山を入れ替えた方が良さそう。
フィーバー状態での森と湖畔はアイテムの回収が難しく、ロスが多くなりがちなので、湖畔でのフィーバー達成を目指しています(墓は999で)。

港の使い方

先述の通り、港は稼ぐのが難しいステージです。
開幕の船炙りが有名ですが、これを行うと中盤以降の目玉での稼ぎが難しくなります(と言っても大したものじゃないですが)。
また、ボス戦での連打リチャがかなり厳しいため、ボス前でカウンタが400~500は欲しいところ。
筆者が三章に持ってきているのは、偏にライフ回復小×2のため。割り切ったお付き合い。

効率のよいパワーアップ発動

メガブラックレーベルでは、パワーアップ発動時に発生する敵弾のアイテム変換の時間が長くなりました(感覚的には2秒ほど)。
そのため、画面上に大量に敵弾がある状態での発動で大きな得点源になります。
有名どころでは、墓の小屋手前にいるわんわんが出してくる全方位攻撃、沼や神殿のサイクロプスが放つ数珠弾などが挙げられます。
上手く地形にぶつけて王冠割りをしましょう。

また、デスモード(撃ち返し有りの状態)において発動後に速攻で敵を撃破すると、撃ち返し弾をすべてアイテムに変えることが出来ます。
こちらは大量に湧いてくるカラスや目玉で、もしくは撃ち返しの多い大型の敵を狙いましょう。

なお、この敵弾の変換はなるべく1000パワーアップで行いましょう。
王冠割りを最後まできちんと行えば、500パワーアップと比べて2倍のドクロが出現することになります。

リチャージのポイントの確立

メガブラックレーベルでは、スコアを稼ぐためにはとにかく長い時間パワーアップをしていることが大切です。
次が500発動にしろ1000発動にしろ、パワーアップ終了時に確実にリチャージできるようにパターンを組み立てましょう。

基本的に大型の敵ほどアイテムを放出する傾向にあり、きちんと属性を合わせればかなりの量のアイテムが望めます。
しかし、未フィーバー状態において1匹の敵から1000リチャできる場面は限られているため、1000リチャージの場合は2匹以上の敵をまとめて倒してパワーアップが切れてから回収ということが必要です。
例えば、湖畔のトロッコはパワーアップ状態においてロック破壊すると、砲台タイプだと105個、巨人騎乗タイプだと95個の中王冠を放出します。
砲台1つ分をそのまま回収したら525、王冠割りをしたら630のカウンタが回復できますが、1000には届きません。
しかし2匹分あると、割れば1200回復できるためにリチャージも余裕です。

使用キャラや発動ポイントの違いがあるために500と1000、どこまでリチャージするのが良いかは一概には言えませんが、1000回収したいのならばポイントをしっかり定めておきましょう。

キャラオーバーについて

キャラオーバーは、いわゆる表示数の制限のことです。
メガブラックレーベルでは敵弾・アイテム共にそれぞれ512という制限数が設けられており、これを越えてしまうと出現しなくなります。
神殿でのスコアが伸び悩んでいる人は、これを意識してみましょう。

ex1)神殿中盤、フィーバー発動からの緑サイク撃破

多くの人が数珠弾の発射に合わせて1000パワーアップを発動するパターンを使っていると思いますが、まず数珠弾が(4×8×8+5×8)×2+αで発射されます(正確な数ではないです)。
この時点で全く回収しなければ、単純計算で大王冠が592個発生することになりますが、キャラオーバーのためすべては王冠にならず消えてしまいます。
さらに、大王冠は割ると中王冠×2、あるいはドクロ×4になるため、実際にはもっと消えていることでしょう。
そのため、ここでは少し下向きに発射させて地面にぶつけ、即ドクロにして回収するのが望ましいです。
また、アイテムを回収しきってから本体を倒すようにしましょう。

ex2)神殿中盤、緑目玉ラッシュ地帯

フィーバー状態において緑目玉を1匹ロック破壊すると、10個の大王冠が発生します。
何匹出ているかは分かりませんが、少なく見積もっても50匹は出ていることでしょう。
もちろん一度にすべてを倒すわけではありませんが、1つの大王冠が2~4個のアイテムに分裂することを考慮すると、すぐに制限数に達してしまいます。水晶もあることですし。
特に中王冠の回収範囲が狭いため、画面上に留まりがちになります。
ここでは割り切ることを考えずに、床や壁に張り付いて中王冠も取得するようにしましょう。

基本は一度に敵を倒しすぎず、なるべく早く王冠割りして即回収です。
なるべく地形付近にいることを心がけましょう。

敵の属性について

まず、敵は大きく分けてザコ通常敵に分けられます。
見分け方としては、ワンショットでなぎ払える敵(目玉、カラス、バルンジの子供、小さい岩、死神、水晶、クリオネ)がザコで、それ以外(多少撃ち込む必要のある敵)が通常敵です。
また、敵は個々に設定値アイテムの呼び出し回数というのが定められており、これと属性によって出現するアイテム数が決まります。
すべてを説明するのは面倒なので省きますが、基本的にはザコはショット、通常敵はロックで倒すとアイテムが多くなると憶えておいてください。(パワーアップ中も同じ、例外有り)。
なお、以下の例外に該当する通常敵はレーザー破壊の方が多くなります。
【赤サイクロプス(港などで出てくる中サイズの奴)、緑サイクロプス(城のダンスホールで出てくるのを除く)、翼竜(緑)、峡谷の昇降機、城のシャンデリア】

フィーバー状態になると、ザコもロックの方がアイテムを多く出すようになります。
つまり、フィーバーするとショットの出番はボスのリチャ以外ではとても少なくなります。
ちなみに、通常はアイテムを出さないザコ(カラス、岩、茶色の死神)はどんな倒し方をしてもアイテムの数は同じです。
ロックだとたくさん出すような気がしますが、気のせいですw

レベル999モードのメリット

敵が空気の読めない量の敵弾を放ってくるレベル999は確かに難しいですが、見返りも大きいです。

  • 単純に敵弾が増加するので、パワーアップ発動時に大量のアイテムが入手できる
  • 1000パワーアップ時に、カウンタ500までは使い魔弾の撃ち込みで中王冠が出る

などが挙げられます。
王冠割りすると撃ち込みのドクロが倍になるため、元々撃ち込みドクロの多いウィンディアとローザがさらなる恩恵を受けることができます。
予選のスコアが詰まってきた人、レベル3での現状のパターンが安定している人は練習してみるのも良いでしょう。
まずは墓から、自信があるなら火山も。
ただ、火山はボスの耐久力が大幅に上昇します。ボス戦での+値の減少も考慮に入れた組み立てをしましょう。


last-modified: 2013-11-07 (木) 18:58:19 (1237d)[変更箇所]