プロローグ

”大往生”したなどと誰が決めたのか。

 ルナポリスでの大規模な戦闘行為が終結して、
6年後のある日、月の首領蜂隊本部は時空の微細な乱れを感知する。

 時空間を移動するジャンプゲートが作動する際に発生する、些細な時空間の乱れ。
だがその、ほんの微細な時空の乱れに隠れる違和感に気付かない大佐ではなかった。

 その違和感を辿る事は困難を極めたが、
何者かが過去に大量に沢山の物資を送っていた事を突き止める。

 …そのものは膨大なデータの海の中に残っていた、
始めはウィルスのようなわずかなプログラムだったモノ。
時間をかけて自己増殖し、進化した者。

 さらにそのプログラムを解析する首領蜂隊。
出自を特定するパーソナルコードは
あろうことかエレメントドール・エクスイのそれであった…。

 大佐は不快感を隠せなかった。
歴史を書き換えるなどありえない。
人類を護るために、いや、我が無敵の軍隊を護るために、
完璧を目指す過程で生まれた排泄物によって作られたヒトガタに
そんな小癪なことはさせはしない。
 また、密かにこうも思った。
「過去からやりなおす…。その手があったか。」

 緊急出動する首領蜂隊。
次々とジャンプゲートよりエクスイを追って過去に飛ぶ。
だが敵も追撃は想定していた。
ジャンプゲート内より始まる戦闘。

 予想以上に激しい戦闘になり、過去に辿り着けたのは母艦1艦と艦載機が数機。
越えた先の時間は、2008年 5月 日本。

 戦火を無くす為に、再び戦火が起きる。
蜂の羽音はいまだ止まりはしない。

バックボーン

首領蜂

最強の軍隊を構築するための大規模軍事演習。
その内容は敵性異星人を装った仮想敵を設け、その正体を隠蔽したまま実戦形式で戦わせあうという荒唐無稽なものであった。
仮想敵側の戦闘機のパイロットとして任命された主人公は未来の為、味方への攻撃を開始した。

その軍事演習の真の目的は逆。仮想敵側の活躍による最強の少数精鋭部隊の育成であった。
7年もの月日を経て終結したもはや戦争というべき大規模軍事演習の生存者達は後に「首領蜂(どんぱち)」として呼称されるようになる。
「首領の命令に従うだけの働き蜂」という侮蔑の意を込めて。

  • システム的に未熟で「埋もれた名作」というポジションである。
  • 「(まだ量的に多くは無いが)弾幕ゲーム」「全2周構成」「隠しボスは蜂型」というシリーズのお決まりはこの時点で完成している。

怒首領蜂

それから長い月日を経たある日、星団外周を警護していた第七星団艦隊が突如連絡を絶ち、それと同時に、機械化惑星人と名乗る未知の軍隊が来襲。
既存の大艦隊では全く歯が立たず、最早絶望的ともいえる状況に至った。
その中、首領ことシュバルリッツ・ロンゲーナ大佐の発案による一大反抗作戦が発動。
首領蜂達はたった二機の戦闘機でその脅威を退ける任に就く。

しかし、全てはロンゲーナ大佐による覇権奪取のための自作自演であった。
機械化星人とは巧にカムフラージュされた味方であり、全ては大佐の手中の出来事であった。
任務の最中に本人から明かされたクーデターの真実、それでもなお首領蜂達は大佐の最終兵器打倒に成功する。

帰路に着いた主人公は操縦席の中でふと気づく。
この戦争を原因とした人口の減少によって、資源・環境・動乱等の社会問題は全て解決してしまった皮肉な事実に。

  • この作品で小さい自機で圧倒的な量の小さい弾丸を避ける「弾幕ゲーム」完成に至る。
  • ネットなどでよく使われる高難度ビデオゲームの挑戦者に贈られる激励の言葉「死ぬがよい」はこの作品のロンゲーナ大佐の台詞が元。

怒首領蜂 大往生

1000年前、無人の機械兵器同士による世界大戦があった。人類の代理戦争であったはずの戦いは、やがて人の手でコントロール出来なくなるまでに拡大。全てを失った人類は、過ちを二度と繰り返すまいと、月にその兵器たちを封印したのだった。

そして現在は、人類に行えないことは全てロボットに任せられるほどに技術が再発展した時代。人々は平和を謳歌していたが、月において封印されていた機械兵団が復活、地球侵攻の動きを見せていることが確認され、国連軍は月の首都に向けて先制攻撃を仕掛けていった。

プレイヤーは国連軍の戦闘員の一人となり、知性や感情を持つ兵器強化用人型機械「エレメントドール」らと協力して、再び行われる機械対機械の戦いへ身を投じることとなる。

  • 過去作品と世界観を逸しており、一部過去作品のボスが登場するも、基本的にはパラレルワールドという位置づけであった。
  • 使用するエレメントドールでエンディングが分岐。詳しいエンディングはキャラクターを参照されたし。
  • 「大復活」はこの作品のエクスィ使用エンディングからの繋がりである。これにより、過去作品との明確な関連性が明示されたこととなる。
  • 弾幕は今の基盤性能からすれば薄い部類だが、超高速な弾速が最大のウリのシリーズ最難作品。隠しボス「緋蜂」は特に有名であろう。

last-modified: 2013-11-07 (木) 18:51:23 (1292d)[変更箇所]